みんなのブログ

ブログ仲間が集う自由な掲示板
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

墨俣一夜城

 

富山県から岐阜県に入り、歴史ゆかりの地をいくつか周りました。

 

そのひとつが「墨俣一夜城」です。

 

墨俣一夜城といえば、織田信長の美濃侵攻にあたり、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたという逸話が残る城です。

 

現在は、一夜城公園として整備されています。

 

 天守閣(墨俣一夜城歴史資料館)

当時は砦のような城だったようですが、現在は大垣城の天守閣を模した城が建てられています。

 

 

太閤出世橋を渡ると


 

木下藤吉郎秀吉の像


 

お城の外も中も新しくて綺麗です。
展示品の写真撮影
Okでした。

金の鯱 5分の1のミニチュア 

一夜城址から出土した兜

 

秀吉馬印の起源

 

 

最上階から見える金華山と長良川

金華山は当時稲葉山と呼ばれ、斉藤道三を祖とする斎藤氏3代にわたる居城がありました。

現在金華山の山頂には信長により築かれた岐阜城があります。

 

金華山の上に岐阜城がチラッと写っているのが見えますか?
見えた人は視力2.0です(笑)
 

お城の外には白髭神社、豊国神社がありました。


 

また西行法師の歌碑もありました。


 

この功績により、秀吉は発言力を上げ、以後出世街道をまっしぐらに走ることになります。

晩年の秀吉には目に余る行動が多々ありますが、この頃の秀吉は未来を見つめてキラキラと輝いていたのでしょうね。

 

さてこの後、岐阜県内のいくつかの史跡を周ったのですが、それについては「大河ドラマの史跡を訪ねて」ブログに掲載します。

そちらの方も見て下さいね。

青墓の円興寺⇒http://kazutoyochiyo.jugem.jp/?day=20120803

源平墨俣川古戦場⇒すみません、工事中です。
         しばらくお待ち下さい。

    by merry

          

- | comments(8) | -

五箇山の菅沼合掌造り集落

 

世界遺産に登録されている五箇山の菅沼合掌造り集落です。

日本昔ばなしに出てきそうな、日本の原風景がここにあります

 

 

でも意外に現代的。

駐車場からエレベーターで集落に行きます。




 

右に進めば合掌造り集落、左に行けば青少年旅行村


まずは右の合掌造り集落へ。




 

菅沼には9棟の合掌造りが現存しています。

そこは住民の生活の場でもあります。 

屋根の勾配は急で60度。雪がすべり落ちやすい形になっています。


 

おみやげ屋さんがありました。




 

カエルを2匹ゲット


 

次は左の青少年旅行村へ。

 

でもシーズンオフなのか、あまり人を見かけませんでした。

今は暑いですからね〜


 

庄川を渡る「かごのわたし」

面白そうですね。

 

庄川と菅沼橋



 

まわりを山に囲まれ、いにしえの時代に迷い込んだようにひっそりと佇む合掌つくり集落。

平家落人伝説があるのも頷けますね。

次は富山県から岐阜県に入りました。

     by merry

- | comments(6) | -

五箇山の合掌造り「村上家」

 

 

そのうち富山の続きの記事を書こうと思っていたら、もう8月もあと少しになってしまいました。

大慌てで、続きを書きます。

 

私が旅行する時には大抵予定をしっかりたてるのですが、今回は急な思いつきだったので、かなりアバウトな旅になりました。

 

氷見で泊まった翌日の朝、民宿にあった観光ガイドブックを見て、五箇山に行く事を思いついた次第です(笑)

 

五箇山の村上家




 

これは天正年間に建てられたものだそうです。

天正年間といえば、信長・秀吉の時代ですね。

400年余り風雪に耐えているのですね。すごいです。


 

近くのお寺の鐘楼も合掌造りでした。


 

あら、公衆電話も合掌造りなら・・


 

トイレも合掌造りで大笑い

 

ここは冬に来るといいでしょうね。
雪がいっぱい積もった合掌造り・・なんて、水墨画の世界でしょうね。
機会があれば、冬に来たいものです。

さて五箇山は、ここだけでなく、他にも合掌造り集落があります。
次の記事は「菅沼合掌造り集落」です。


          by merry

- | comments(4) | -

富山の白えび

JUGEMテーマ:グルメ
 

先日テレビを見ていたら、見覚えのある俳優さんが美味しそうに富山湾の白えびを食べておられました。

 

なんと、懐かしの「土方歳三さん」

そして最近では「藤原頼長」役の公家メイクがよく似合った山本耕史さんではありませんか。

 

頼長さんいわく「白えびの刺身美味しい」「天ぷら最高ですね」

 

白えびは、夏が旬だそうです。

 

そうだ!富山へ行こう!」

 

という訳で、このクソ暑い中を富山まで行って来ました。

 

泊まったのは、氷見にある民宿「青柳」さん。

 

お料理よし、応対よし、設備よし、料金安し(一泊二食¥9,800)のいい民宿でした。

 

舟盛りと突き出し

 

舟盛りの中に、白えびの刺身があります。

少し食べてから慌ててカメラを取り出し、写真を撮りました()


 

氷見うどん


 

ブリになる前の魚。名前を忘れました。


 

そして白えびのかきあげ


 

茶碗蒸し

 

海鮮なべ


最後にコーヒーゼリーも出ましたが、もう写真を撮るのも忘れるくらいお腹が一杯。

 

初めて食べた白えびに大満足でした。

     by merry

グルメ | comments(6) | -

ゴルナーグラート展望台からハイキング

 

旅の7日目の午後。

自由行動時間を利用して、気の合った6人でゴルナーグラート展望台へ行きました。

 

ツェルマット駅前から出ている登山電車に乗り、雄大な景色の中を走ります。




 

40分でゴルナーグラート駅(標高3130m)に到着


 

ここの展望台はすごい!360度見渡せます。


 

この山はモンテローザ?




 

この鳥、カラスかと思ったら口ばしが黄色?


 

スイスといえば、やっぱこれ「ホルン」

ちゃっかり記念写真を撮らせて頂きました()


 

帰りの電車の中で、たまたまこの方と隣の席になりました。

この「ホルン」折りたたみ式なんですって()


 

何の材料でできているのか聞いたら「カーボン」って答えが・・??


 

私たちは「ゴルナーグラート駅」から一駅だけ電車に乗り、次の停車駅「リッフェルホ駅」(標高2927m)で降りました。

ここからハイキングをして、「リッフェルベ駅」(標高2582m)まで行く予定です。

 

あらあら、ホルン奏者の方もここで降りて、雄大な景色の前で再び演奏が始まりました。

これぞスイス!!スイスの旅を盛り上げてくれます。

 

バックミュージックを聞きながら、ハイキングスタート。

 

このあたりの花は小さくて可憐ですね。
標高が高いので、地面にはいつくばるように、けなげに咲いています。






 

いたるところに案内表示があるので、道に迷う心配はありません。

 



正面に見えるのがマッターホルン






 

黒いヤギさんが放し飼い。目が合うとちょっと怖い・・

 

高原を超えるとリッフェルベの駅舎が見えてきました。

リッフェルホ駅から、1時間半くらい歩いたかな?

 

おもちゃみたいな電車が走っています。

 

・・とその時、花嫁さんが。

 

高原の教会でこれから結婚式が行われるようです。

お幸せにね〜

 

 

次々と面白いハプニングがあり、旅の仲間とワイワイ言いながら楽しい時間を過ごせました。

 

この日は、スイス旅行で一番心に残る思い出となりました。

 

  完      by merry

- | comments(2) | -

マッターホルンを眺めながらハイキング

 

旅の7日目

マッターホルンの麓の街・ツェルマットに2連泊しました。

ツェルマットの街は観光客で活気にあふれ、お土産の店も多くて賑やかです。

 

このツェルマットから、マッターホルンの展望台に行く登山電車やケーブルカーなどが出ています。

 

私達のツァーは、ケーブルカーに乗って「スネガ展望台」へ行きました。

 

 

ケーブルカーを降りた所に、もういっぱい花が咲いています。






 

ライ湖で、逆さマッターホルンが見られました。


 

現地ガイドさんから、花の名前を聞いたのですが・・??





 

 

こんな景色が広がっています。

 







あっ!マーモットだ!可愛い〜

 

いくつかのハイキングコースがある中で、このスネガ展望台のコースは一番たくさんの花が見られるそうです。





 

でもでも、やっぱりもっと高い展望台に行きたい・・

 

という訳で、この日の午後の自由行動時間に、気の合った6人でさらに高いゴルナーグラート展望台へ行くことにしました。

 

続く

           by merry

- | comments(4) | -

スイスでモテモテ(笑)

 

旅の5日め

ベルニナアルプス観光のため、ディアポレッツァ展望台へ行きました。

 

黄色いロープウェイ。大勢の人数が乗れます。


 

雄大な眺め。湖の近くに電車が走っています。

 

ロープウェイを降りると、ベルニナアルプスが目前にありました。

Piz Palu 3901m


お天気もよく、山と氷河がくっきり見えます。

 

真ん中がPiz Bernima(ピッツ・ベルニナ) 4049m


 

気温は0.8度?


 

この時、ふとした事でスイス人の男の子たちと会話する機会を持ちました。

 

彼らは日本でいう中学生。

とても人懐っこくて、明るくて、無邪気。

 

孫みたいな男の子に囲まれモテモテのmerryです。

- | comments(4) | -

サンモリッツ

 

旅の4日め

ウェンゲンを出発し、ルツェルン観光をした後電車に乗り、サンモリッツへ入りました。

 

サンモリッツ駅

 

サンモリッツといえば、スイスを代表する高級リゾート地。

私達が泊まるホテルは高級ではないけれど、ちょっとお洒落なホテルでした。



 

 

食事も一番美味しかった・・

ポタージュスープ


 

仔牛のソーセージとマッシュポテト

 

デザート

 

写真で見ると分からないけど、ひとつひとつの量がとても多いので、食べきれない・・

 

 

翌朝、サンモリッツ湖の回りを散策しました。

 

お花が咲き乱れ・・


 

湖はおだやか・・

 

お馬さんもおだやか・・


 

一周1時間強かかりましたが、爽やかな空気をいっぱい吸い込んで、リフレッシュしました。

        by merry

 
- | comments(4) | -

ユングフラウヨッホ

 

日本を出発してから20時間くらいかけ、ようやくスイスのチューリッヒに着いたのが現地時間で午後2時。

 

それからスイスの首都・ベルンを観光し、インターラーケンを通過してベルナー3山の麓・ウェンゲンで宿泊しました。

 

ベルナー3山とは、アイガー・メンヒ・ユングフラウの4000m級の山々。

そのメンヒとユングフラウの中間・標高3454mにある駅がユングフラウヨッホです。

そこまで登山電車でお気軽に行けるのです。

 

ところが・・です。

私達の激安ツアーには、このコースは入ってない。。。

 

なぜなら、多分、電車代がお高いから?

 

翌日、添乗員さんの許可を得て、私達二人だけでユングフラウヨッホへ向かいました。

 

クライネ・シャイデックで登山電車を乗り換え、ユングフラウヨッホへ向かって標高差・1393mをゆっくり登ります。

 

団体用と個人旅行用の車両が分かれているので、こちらはガラガラ。

隣の車両は団体用みたいです。


 

車内では、各国の言葉で案内があります。

ハイジちゃんが日本語で説明してくれます。


 

気分はルンルン・・・でも実は・・この日は雨(;_;)


 

途中、Eigerwand(アイガーヴァント)の駅に停まり、5分ほどの停車時間に絶景を見る事になっていますが・・




何も見えない・・

この窓は、アイガーの北壁が繰り抜かれているそうです。

スゴイとしか言いようがない。

 

もうひとつEismeerの駅にも停車したのですが、上記と同じで、何も見えない。

 

それにしても、もう標高3160mも登ってきているのですね。

 

そしてヨーロッパで一番高い所にある駅・ユングフラウヨッホに到着です。





 

標高3454mと言えば、富士山の9合目くらいの高さです。

電車に乗ってわずか50分で急激に登って来たので、高山病に要注意です。

 

少し落ち着くため、絵葉書を買って、友達や孫にお手紙を書きました。


 

ちゃんと日本向けのポストがあります。

この葉書は、5日後に着いたそうです。

 

そして活動開始。

長い通路を抜けると

 

ユングフラウ鉄道開通100週年を記念して、様々なイベントが開催されています。

 

D映像の中にあったスフィンクス展望台の写真です。

これからそこに向かいます。

 

高速エレベーターに乗って、一気に100m余り登ると

 

標高3571

 

そしてスフィンクス展望台バルコニーに出ると、迫力ある山々が迫ってくる・・はずでした。

こっちの方向にユングラウフ?


何も見えません。


足元は凍って、ツルツル(;_;)

 

エレベーターを降り、通路に沿って屋内で開催されているイベントを巡る事にしました。



 

 

そしてアイスパレス

 



何もかも氷漬け


 

お天気がよければ、こんな景色のプラトーも

 


今日は・・


 

それでも、山の天気の事。

突然晴れる事もあるのではないかと期待して待つこと数時間。

 

でもとうとう晴れることは無く、諦めて14時の電車に乗って帰って来ました。

 

ところが、麓のクライネ・シャイデックに戻ったら、なんと山がスッキリと見えているではありませんか。

 

この時間に展望台にいる人は、さぞかし絶景を楽しんでいる事でしょうね。

悔し〜(;_;)

        by merry

- | comments(4) | -

スイスに行って来ました。

 

久しぶりに記事を書きます。

で・・いきなりですが、スイスに行って来ました。

 

憧れのスイス、永世中立国のスイス、自然が一杯のスイス。

いつかは行きたいと思っていたのですが、残りの人生も少なくなり()、還暦を迎えた今がチャンスと思いきって行くことを決断しました。

 

と言ってもシルバー世代の身・・あまり贅沢は望めません。

 

とある旅行雑誌で見つけた激安ツアー

「燃油サーチャージ込 アルプス5大名峰10間」623日出発 289,800円

 

これに飛びつきました。

 

そしていよいよ旅行の日の一週間前、詳しいコースが送られてきました。

それによると、日本⇒ドーハ 飛行時間11時間、
そして
3時間くらいの乗り継ぎ時間があって
ドーハ⇒チューリッヒ 飛行時間
6時間半

 

え〜〜〜っ?めちゃ時間かかるやん!

 

当初のパンフレットには「関西空港より空路、乗り継ぎチューリッヒへ」とさらっと書いてるだけ。まさかこんなにロスタイムがあるとは・・

 

でも直行便で行けば12時間くらいで行けるらしいけど、倍近い金額がかかります。

 

これは「お金はないけど時間がある」シルバー向けのコースなのかも知れませんね。

 

さて当日、カタール航空に乗って乗り換えのためドーハに行きました。

そもそもカタール国とはアラビア半島東部の小さな国です。

首都はドーハ。

ドーハと言えば、サッカーの「ドーハの悲劇」くらいしか知りません。

カタール航空は、カタール国の国営航空会社です。

 

ドーハ国際空港で飛行機を降りました。

 

・・なんか懐かしいスタイルでしょ。地方の空港みたいで。

この空港にはボーディング・ブリッジが無く、乗客は待機しているシャトルバスに乗り、乗り継ぎターミナルで降ります。

 

ここで、初めて同じツアーのメンバーに出会いました。

総勢14名のメンバー。その内12名が私達のようなシルバー世代です()

 

ドーハ国際空港



 

ここで、ひとつだけ興味をもったのが、イスラム社会の人たちが着ている民族衣装・ブルカです。

顔を出しているもの、目だけ出しているもの、黒っぽいもの、カラフルなもの・・

いろいろあるんですね。

写真に撮りたかったけれど、ちょっと無理。

 


とにかく広いです。

日本では考えられないくらい広い。

 

この後、再びシャトルバスに乗って、チューリッヒ行きの飛行機に向かいましたが、もしかしてシャトルバスでチューリッヒに行くの?と思うくらい長い時間バスに乗りました。

 

そしてやっとチューリッヒに到着したのは翌日の午後2時。

ようやくスイスの土を踏みました。

 

続く

- | comments(4) | -